【PITAKA MagEZ Grip】洗練されたデザインと高性能、MagSafe対応のスマートなバンカーリング。耐久性も文句なし。

個人的に心躍ったガジェットを紹介するブログ「浮ろぐ」をやっているうきしまです。

今回はPITAKAのMagSage対応バンカーリング「Mag EZ Grip」についてのお話になります。

PITAKAと言えば「アラミド」と呼ばれる素材を用いたデザイン・機能性の高い製品が特徴的なメーカーです。

今回メーカー様より「Mag EZ Grip」をレビュー用に提供してもらったので実際に使った使用感などをレビューしていきます。

created by Rinker
PITAKA
¥3,499(2024/04/13 22:59:31時点 Amazon調べ-詳細)

春の新生活に向けてPITAKAでは下記の期間内でAmazonタイムセールを実施しているそうです。

今回紹介する「Mag EZ Grip」の他にも魅力的な製品がセール対象となっているので興味のある人はこの機会に購入を検討してみてはいかがでしょうか?

セール期間:3/1(金)~3/5(火)

PITAKA Mag EZ Gripの特徴

まずは今回紹介するPITAKA Mag EZ Gripがどんな製品なのかについて、この製品の特長を紹介していきたいと思います。

ちなみに今回はカラーが「黒/グレーツイル柄」の物を提供いただきました。

PITAKA Mag EZ Gripの製品仕様は下記の通りです。

製品名Mag EZ Grip
サイズ58.5*58.5*4.3mm
重量31g
素材・アラミド繊維
・亜鉛合金
・ABS樹脂+ポリカーボネット(PC)
製品保証2ヶ月保証
カラー・オーバーチュア
・黒/グレーツイル柄
・ラプソディ
・サンセット
・ムーンライズ

MagSafeに対応

MagSafe(マグセーフ)とはiPhoneなどのApple製デバイスに搭載されてる磁気技術を活用した物で磁気充電やアクセサリーの取り付けに使われます。

Mag EZ GripはこのMagSafeに対応してるので、粘着テープや吸盤を使用せずにiPhoneに磁力で取り付けることができます。

磁力でiPhoneの背面に取り付けるので、取り外しも簡単にできることがメリットですね。

デザイン性・耐久性に優れている

今回紹介するMag EZ Gripに限らず、PITAKAの製品はデザイン性に優れたものが多い印象があります。

特にPITAKAではアラミド繊維という素材を活用したスマホアクセサリーを多く展開しており、私もAppleWatch用のベルトや保護ケースを愛用させてもらっています。

PITAKAの製品は、どれもシンプルながらお洒落なデザイン性が高い製品が多いというのが特徴的です。

Mag EZ Gripも例にもれず「アラミド繊維」と呼ばれる素材が使われていてデザインもシンプルながら落ち着きのあるデザインとなっています。

アラミド繊維は高い強度と耐熱性能を備えた強靭な繊維の一種で、その耐久性の高さから様々な用途に使われています。

上記でも述べた通りMag EZ Gripにはアラミド繊維が用いられており、製品の耐久性に優れている点も特徴的です。

私が愛用させて頂いているPITAKA製品について過去にレビューをした記事があるので、興味のある人はぜひ見てみてください。

スマホスタンドとしても使える

Mag EZ Gripはバンカーリング(スマホリング)ですが、スマホスタンドとしても使用できるのが特徴的です。

このバンカーリングはリングが最大110度まで開くので角度調整の自由度も高いです。

さらにヒンジ部分もかなりしっかりしているので、緩みづらく安定感も良いです。

PITAKA MagEZ Gripの使用感

ここからはMag EZ Gripを私が実際に使ってみて感じた使用感などについて紹介していきたいと思います。

iPhoneへの張り付き強度はかなり安心感がある

上記でも述べましたがMag EZ GripはMagSafeに対応したバンカーリングの為、磁力でiPhoneにくっつけて使います。

ここで気になるのが、どの位の強度でiPhoneにくっつくのかという点です。

結論から言えば、意識して強めに振ったりすれば外れるけど通常使用している分には十分な強度でくっつきます。

個人的にはバンカーリングとして使うには充分安心感を感じられる強度でくっついているなという印象です。

通常使用する上では十分なくっつき強度だけど、取り外す際に苦労しない程度という絶妙な強度だなと感じました。

片手操作のサポーターとしても優秀

私はiPhone12 Proを愛用しているのですが、このスマホは正直片手で操作するには少し大きすぎるなと感じていました。

私は可能な限りスマホを片手で操作したい人なのですが、iPhone12Proの大きさで片手操作をしようとすると、上を持ったり下を持ったりと持ち替えが必須になります。

ただ当然持ち替えをしようとするとやはりスマホを手から落としてしまう事が結構あるんですよね。

片手操作もしづらいし、落としてしまえばデバイスを破損させてしまう可能性があります。

かといってiPhoneのデザインを好きな自分は粘着テープや吸盤で取り付けるタイプのバンカーリングを装着する気にもなれませんでした。

そんな中、Mag EZ Gripはデザイン面も優れておりMagSafe対応なので脱着も簡単で非常に自分好みのアクセサリーでした。

Mag EZ Gripを装着する事で片手操作時の持ち替えも、スマホを落とさない安心感があり支点ができるので持ち替えが非常に楽になりました。

リングのヒンジは結構固めな印象

Mag EZ Gripのリングを支えるヒンジはかなりしっかりしていて、正直リングを開く際は固いと感じました。

これをメリットと感じるかデメリットと感じるかについてはそれぞれの好み次第かもしれませんね。

ちなみに私はヒンジが緩くて、自然にパカパカしてしまうタイプのバンカーリングはあまり好みではありません。

なのでMag EZ Gripの様にヒンジがしっかりしている方が個人的には好きです。

もしリングの開きやすさを重要視しているという人にはMag EZ Gripは向かないかもしれません。

ただMag EZ Gripはスマホスタンドとしても使用できるバンカーリングなので、これ位固めの方が角度調整しやすいのでちょうど良いかもしれませんね。

iPhone本体やケースに擦り傷・汚れが付くのが気になる人には向かないかも

Mag EZ Gripは磁力でiPhoneとくっつくことと、リング部の角度を変える為に本体を回転させるタイプのバンカーリングです。

そのため本体を回転させた際に少なからず本体やケースにスレ傷や汚れが付きやすいです。

私はiPhoneケースを使用しない状態で使っているのですが、しばらく使ってみて正直気になるような傷は今のところついてないです。

ただ、磁力で吸着してしまうタイプの汚れなどはどうしてもついてしまう様です。

さらにMag EZ GripとiPhoneの間に細かいゴミ(砂など)が入ってしまうと、角度調整で回転させた際にiPhone本体やケースに擦り傷がつきそうとは感じました。

そういった細かい擦り傷などが入ることを気にする人はiPhoneやケースを保護する工夫が必要かなと思います。

汚れについては公式ページ上でも紹介されており、不織布と75%アルコールで拭き取ることが推奨されているようです。

まとめ

この記事ではPITAKAのMagSafe対応バンカーリング「Mag EZ Grip」をレビューしました。

Mag EZ Gripは本来のバンカーリングとしての用途以外にスマホスタンドとしても使用できる一石二鳥な製品です。

磁力を活用した取り付け方式のため、装着と取り外しがやりやすいだけでなく充分な張り付き強度があります。

MagSafeに対応しているiPhoneであれば使用できるので、バンカーリングを使いたいけど粘着テープや吸盤式の物はちょっと…という人はぜひMag EZ Gripを使ってみてはいかがでしょうか?

Mag EZ Gripはこんな人におススメ

・MagSafe対応のiPhoneを使用している人(iPhone12シリーズ以降)

・リング部分の剛性感と安定感があるバンカーリングが欲しい人

・耐久性・デザイン性の高いバンカーリングが欲しい人

・他のPITAKAアクセサリーを使っている人

・スマホスタンドにもなるバンカーリングが欲しい人

Mag EZ Gripはこんな人には不向き

・リンゴマークが隠れるのが嫌な人

・iPhoneやケースに細かな擦り傷・汚れが付着するのが嫌な人

・リングの開きやすさを重要視している人

created by Rinker
PITAKA
¥3,499(2024/04/13 22:59:31時点 Amazon調べ-詳細)